部屋探しマニュアル:賃貸アパート・マンション探しは住SEE【ジューシー】

住SEE【ジューシー】

賃貸専門で見やすい!使いやすい!物件検索サイト

住む街が決まっている人はこっちが簡単!

部屋探しマニュアル

STEP.3 物件情報を集める

希望条件が固まってきたらいよいよ部屋探しは本番です。具体的な物件情報を収集する手段としては、以下の3つが主流になります。

インターネットで探す

パソコンや携帯、スマートフォンなどインターネットは今最も手軽に情報収集できる手段です。当然のことながら大半の不動産会社が自社の取り扱う物件の情報を何らかの手段でインターネット上に公開しています。

インターネットの良さは情報の量と鮮度が最たる所ですが、賃貸業界の場合で言えば、1つの部屋の情報を複数の不動産会社が取り扱うことができる場合も多いので、収集できる物件情報が多い割に良く見たら同一物件だったり、多過ぎて全てを見きれず下見に行きたいような物件を読み飛ばしたり、問合せてみたら既に入居者が決まっていたり、と必ずしも完璧ではありません。

また、より便利に使える機能が充実しても、操作が複雑化してインターネットを日常的に使う人でないと機能が使い切れないということもあります。

目的はあくまで【自分の希望に見合う部屋を見つけること】ですから、他の方法も組み合わせて、効率よく部屋を探しましょう。

住みたい場所が決まっていない場合

まずは住SEE(ジューシー) のような、複数の不動産会社の物件情報を総合的に検索できるポータルサイトで情報収集するのがオススメです。

ポータルサイトは検索エンジン(YahooやGoogleなど)で「賃貸」や「東京 賃貸」などと検索すれば見つけることができます。

気に入ったポータルサイトの“地名”“や”駅名“から【物件を探す】機能で検索してみてください。住みたい場所が確定していなくても、都道府県レベルで地域を指定さえできれば、“地名”“や”駅名“は消去法(住みたいと思わない場所だけを選択肢から外す)を用いて、STEP1.と2.の予算と希望条件で物件を絞り込むことができます。

住みたい場所が決まっている場合

住みたい場所が確定していれば、上記の方法に加えてその場所近郊の不動産会社のホームページから物件を検索する方法もあります。前述のポータルサイトに【不動産会社を探す】の機能があれば利用する、或いは検索エンジンで「新宿区 賃貸」や「渋谷駅 不動産会社」など、より具体的な言葉で検索することで、検索結果で意図した不動産会社を表示できやすくなります。

また、もし住みたい物件が決まっている場合は、検索窓に建物名を入力して検索結果が表示されるかも是非試してみましょう。同じ建物名の建物が2つ以上ある場合も考えられるので、建物名と地名、建物名と最寄りの駅名などを掛け合わせて絞り込むとより探しやすいかも知れません。

インターネット住SEE(ジューシー)で物件を検索する

不動産会社を探す

現在のお住まいからそう遠くない場所で新しい部屋を探す場合、また通勤で使う電車の路線沿いや週末よく行く場所の近くなどで部屋を探している場合には、近隣の不動産会社に電話で問合せたり、実際に立ち寄ったりして、希望条件に合う物件が出てきたら教えてもらえるようにお願いしておくのも1つの手段です。

直接問合せるメリットとしては、広告に載らない物件も選択肢に追加できることが挙げられます。一般的に、物件の広告掲載には費用がかかりますから、あなたの希望に合った物件が出れば、不動産会社にとってはまずあなたにメールでお知らせするほうが優先順位は高くなるわけです。

定期的に安定した情報提供を受けるためには、内見の意思の有無をできるだけ早く不動産会社に伝えることです。この際何が決め手になったのかも合わせて提示すると、不動産会社から提供される情報の精度が上がることも期待できますね。

近隣の不動産会社の場所を調べたいと言う場合には、前述のポータルサイトに【不動産会社を探す】の機能があれば利用する、或いは検索エンジンで「新宿区 賃貸」や「渋谷駅 不動産会社」など、具体的な地名や駅名で検索してみてください。

賃貸の世界では、やっと探しあてた部屋を不動産会社に問合せたら既に他の人で入居が決まってしまっていた、という場合も割りとあります。引越しの盛んな時期(1~3月)はとにかく、空き部屋がどんどんなくなってしまうので、早めの情報収集と情報量が上手な部屋探しの決め手となります。

インターネット住SEE(ジューシー)で近くの不動産会社を検索する

住宅情報誌で探す

インターネットに比べ、住宅情報誌を情報収集手段とすることの良さは、情報保持の容易性や操作の簡易性が挙げられると思います。インターネットでは、物件毎の情報を画一的に整備して表示することで膨大な量の情報が見やすいよう工夫されていますが、時としてそれは情報の“重要度”を見分けにくくする要因でもあります。

住宅情報誌は図のように、掲載される不動産会社やその会社の取扱物件の情報が、見開き1ページの中に割く割合や位置によって明確に重要度を示しています。特にオススメの物件がある場合などは巻頭にカラーで掲載されたりもしますので、インターネットの情報と違い、第3者(不動産会社)の目による客観的な視点での優先順位付けを自然に読み取ることができます。

また、付箋やマーカーなどで印をつけた情報はいつでも即座に共有が可能です。インターネットでも【この物件を友達に教える】など別の人にメールで知らせることができますが、カップルや家族が引っ越しの相談する場合などは、実際相手と対面している場面で物件を見ながらの会話が想定できます。パソコンを立ち上げその物件の掲載されているページを表示させなくても、すぐ本題に入れる手軽さも住宅情報誌の魅力の1つです。

ただし、月に1回から2回しか発行のない住宅情報誌に掲載される情報は鮮度に欠けるというデメリットもあります。住宅情報誌を使って、どのような部屋に住みたいか?のイメージが固まったら、次はインターネットで似た物件の新着情報をメールで受け取るなどしてみてはいかがでしょうか?