賃貸・お部屋探し用語集:賃貸アパート・マンション探しは住SEE【ジューシー】

住SEE【ジューシー】

賃貸専門で見やすい!使いやすい!物件検索サイト

住む街が決まっている人はこっちが簡単!

お部屋探し下見編

賃貸生活のいろいろな“?”にお答えします

間取図はどう見ればいいの?

下見の前に見せられる間取り図からわかるのは、部屋の広さや位置関係、ドアの有無など。部屋の色合いや天井の高さ、床の素材、使い勝手などは間取り図ではわかりません。この間取り図で分からない部分が下見をする際の重要なチェックポイントになります。

玄関
ドアは開き方が表示され、付属している場合はゲタ箱も表示。ただし、奥行きや高さなどは不明。玄関からどの程度室内が見えるかは下見で確認する。
キッチン
シンクは一般に表示されているが、ガス台は物件により異なる。換気扇の有無や、冷蔵庫置場のサイズ、コンセントの位置は下見で確認。
バス・トイレ
浴槽や便器の位置、ドアの有無などは表示されているが、洗面台と洗濯機置場の有無や位置関係がはっきりしないこともある。下見では、洗濯機置き場のサイズやコンセント、水道の蛇口の位置なども確認。
部屋
窓の有無は分かるが高さは不明。一般にバルコニーに面した窓は掃き出し窓が多い。また、コンセントやテレビや電話の端子の数と位置は間取り図では分からない。洋間と和室の段差の有無や床の素材や天井の高さ、壁紙なども下見で確認。
収納
収納スペースの実際の広さは間取り図では不明。クローゼットや物入れの広さは下見で確認。また、押し入れは一般的に半間あるいは一間が単位となっているが、天袋の有無は不明。

建物の管理状況の見分け方は?

快適な賃貸生活には、建物の管理状況も重要なポイントです。下見の際には、部屋の内部だけでなく建物全体の設備や管理状況などをきちんとチェックしましょう。ことに、廊下やエレベーター、ゴミ置き場などの共有スペースの管理状態は重要です。廊下やエレベーター周辺がホコリだらけになっていないか、郵便受けの周辺に投げ込みチラシが散らばっていないか、駐車場・駐輪場などはどのように利用されているかなど、全体的な管理状況をつかんでおきましょう。さらに1階の物件の場合には、フェンスや植え込みなどのぞかれにくい(外部から侵入しにくい)構造になっているかどうかといった点も重要です。

下見をした部屋のフローリングや壁紙が汚れていたら?

床や壁などにキズや汚れがあった場合は、入居するまでに修理してもらえるのか、どうかを必ず確認しましょう。修理をしないでそのまま入居する場合は、退去の際余計なトラブルにならないよう責任の所在(キズや汚れはもともとあったもので自分には責任がない)を確認しておくことが大切です。また、水道や風呂、エアコンなどの付帯設備類は入居したらすぐに必要になります。水道の水が出るか、トイレが詰まっていないかなど、一つひとつ故障がないかを確認しておきましょう。

できるだけ静かな部屋を選ぶためのポイントは?

防音性能のチェックとして、壁を叩いたとき重い感じのする部屋がよいと言われますが、判断の基準があいまいで素人には難しいのが実状です。一番確実なのは、上の階や隣室の住人に頼んで音を出してもらうという方法です。できれば、トイレの水を流したり、イスを引いたり、歩いたりしてもらって、音の伝わり具合を確認しましょう。部屋の構造としては、フローリングに比べ、畳やカーペット敷きの部屋の方が防音性にすぐれていると一般に言われています。できるだけ静かな部屋を希望するなら、畳やカーペット敷で、隣室との間に押し入れやバストイレなど遮音のための空間がある間取りがひとつの目安になります。

駅から徒歩10分というは何が基準?

インターネットや情報誌、不動産会社の店頭にある物件情報を見ると、よく「○○駅から徒歩○分」という表示がありますが、歩く速さは人によって違いがあるのに、何が基準になっているのだろうと思いませんか?実は不動産業界でこの基準が取り決められています。その基準によれば、物件と最寄駅の徒歩時間は「1分=80メートル」として計算する事になっています。ですから「○○駅から徒歩5分」といった場合は、その駅と物件の距離が320メートルから400メートルの間にある、ということになります。あくまでも地図上の道路距離が基準で、誰かが実際に歩いて計ったわけではありませんから、途中に交差点があって信号待ちするとか、登り坂があって少し時間がかかるというようなことは考慮されていません。また、広い敷地を持つマンションなどはその敷地の最も近い地点を起点とすることを認められており、地下鉄などの場合は最も近い出口から計っても違反ではないため、実際の時間と広告での表示時間が違ってしまうこともよくあることなのです。下見の時には、広告の徒歩時間は目安程度にとらえ、実際に自分自身で駅までの道のりを歩いてみることをオススメします。